アンセリンとはどういう物質なのか

アンセリンというのは、2つのアミノ酸からできているペプチドのひとつだそうです。

ペプチドというのは、いくつかのアミノ酸が結合したものを言うそうですが、その数が100個以下の場合には、ペプチドに分類され、それ以上の数のアミノ酸が結合していると、タンパク質ということになるそうです。

アンセリンは、わずか2個のアミノ酸でできていますから、ペプチドの仲間でも最小のもののひとつとなっているようです。

ペプチドの中で、イミダゾール基を持つアミノ酸を含んだものを、イミダゾールペプチドというそうですが、アンセリンに含まれるアミン酸であるメチルヒスチジンは、イミダゾール基をもっているので、イミダゾールペプチドのひとつとなるようです。

イミダゾールペプチドには、疲労を回復させる効果や、運動能力を高める効果、老化を防止する効果、生活習慣病を予防したり、改善したりする効果などがあるそうですから、この成分を含んだものを摂取することは、健康のためには非常に良い効果をもたらしてくれるようです。

アンセリンはイミダゾールペプチドというペプチドのひとつですが、イミダゾールペプチドには、他にはカルノシンやバレニンがあるそうです。

いずれの体に良い効能があるそうですが、これらの物質はもともといろいろな動物の体内に含まれているそうです。

アンセリンの場合は、マグロとかカツオのような大型の回遊魚に多く含まれているそうですが、サケやサメなどもこの成分を持っているようです。

人間の体の中にも存在するそうですが、人間や牛、馬などの場合は、カルノシンの割合が多くなっているそうです。

どちらの物質もイミダゾールペプチドの仲間で、イミダゾールペプチドが持っているあらゆる効能を保持していますから、体にいろいろな良い効果を与えてくれるようです。

また、もともと体に存在する物質ですから、食料として摂取しても体に害を与える心配がなく、これらの成分を含んだ健康食品やサプリメントがいろいろと販売されているようです。

アンセリンのことについてはこちらのサイトが参考になると思います。

アンセリンについて学ぶ